医療法人 真正会

真正会について[法人の概要]

理事長あいさつ

「まず一歩 チームワークで もう一歩」

真正会創立45周年、真寿会40周年に相応わしいテーマが選ばれました。私たちのグループには「老人にも明日がある」という確固たる設立理念がありますが、新鮮な気持ちで新たな年を送っていけるように、毎年スタッフから合い言葉と言える今年のテーマを募集しています。その結果選ばれた今年のテーマが「まず一歩 チームワークで もう一歩」です。

昭和47年11月に霞ヶ関中央クリニックの前身である霞ヶ関中央病院がスタートしてから、5年後に真寿園、15年後に霞ヶ関南病院、30周年の平成14年(2002)には真寿園が安比奈新田に新築移転となりました。そして今年1月8日に、霞ヶ関中央クリニックに代わる地域包括ケアの拠点を目指して「霞ヶ関在宅リハビリテーションセンター」がオープンしました。45年間にわたり当グループの柱であった霞ヶ関中央病院は、地域の集いの場、住いとして生まれ変わる予定で計画を進めているところです。

川越市にこだわり続けた45年間の歩みは、決して順風満帆ではありませんでしたが、地域の皆さんに支えていただいたお陰であり、地域にとって必要とされる活動に徹してきたことは、誇れることだと思っています。これからもその信念から外れることなく一歩ずつ進んでいく所存です。

2018.1

医療法人 真正会

理事長

斉藤正身

文字サイズの変更

シェアする

お知らせ

お問い合わせ