医療法人 真正会

理念・指針

理念・指針

設立理念 ~老人にも明日がある~

昭和47年より、以下の「事業理念」と「医療指針」に基づき、
サービスを展開してまいりました。

事業理念

「老人にも明日がある」は、当法人の設立理念であり、
この敬愛、敬老の精神をもって当法人の事業理念とする。

先駆性、開拓精神

当法人の行う諸事業は、保健、医療、福祉、の連携を根幹に据え、
常に先駆的、開拓的な視点をもってこれに当たることを信条とする。

福祉性

当法人は、「医療の原点は福祉である」を職員の心構えの基本とする。
福祉とは「対象者に必要かつ適切なサービスを提供すること」と定義する。

地域性・社会貢献

当法人の行う諸事業の計画、運営に当たっては、
地域と離れて存在しないことを明確に堅持し、
もって地域住民の医療ニーズに応えるものとする。
併せて、地域への積極的な社会貢献活動に取り組む。

協調性

当法人は、その運営に当たり、
以上の理念を支える職員の福利向上に努め、
理事者と共に協調の成果を期待し、
結果として所期の目的を達成したい。

医療指針

保健、医療、福祉の連携

当法人の事業理念を基にして、高齢者の豊かな明日のために、
保健、医療、福祉を包括した「真療」を目的とする。

全人的医療とチームプレー

対象者を身体的医療にとどまらず、全人的、総合的に把握し、
そのために各専門職がチームプレーに徹し、
対象者の豊かな自立支援を積極的に行う。

コミュニティケアの推進

良質かつ適切な医療を、地域社会に展開することを目指し、
コミュニティケアの推進を図る。

尊厳の保持

いかなる時も人間としての尊厳の保持に努め、
「安心立命」への配慮こそ私達の責務である。

サービスの3本柱

スタッフの行動指針として、平成20年、
役職のワークショップにより作成しました。

私たちは利用者がフラストレーションのない生活を
送れるようにチームで取り組みます。
私たちは常に地域の一員であることを忘れずに、
そのニーズに積極的に応えていきます。
私たちは常に自分の職場に誇りや愛着を持って
使命を果たします。

職業倫理要網

法人職員は、設立理念である「老人にも明日がある」に基づき、
医療及び福祉に係る職業人として、
一人ひとりの生命・人権を尊重し、人と社会に貢献します。

  1. ①私たちは、医療やケアを受ける人々の人格を尊重し、
    やさしい心で接すると共に、
    医療やケアの内容についてよく説明し、信頼を得るように努めます。
  2. ②私たちは、職務上の守秘義務を遵守すると共に、
    一人ひとりのプライバシーを尊重します。
  3. ③私たちは、より良い医療やケアを提供するために、
    生涯学習の精神を保ち、知識と技術の習得に努め、
    その進歩・発展に尽くします。
  4. ④私たちは、医療及び福祉にかかわる職業人としての
    職務と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるように努めます。
  5. ⑤私たちは、互いに尊敬し合い、
    良き協力関係の基でより良い医療サービスを提供します。
  6. ⑥私たちは、医療の公共性を重んじ、法令やルールを遵守し、
    医療や福祉を通じて社会の発展に尽くします。

(平成20年4月1日 改定)

文字サイズの変更

シェアする

お知らせ

お問い合わせ